« 家庭崩壊と人心の荒廃 | トップページ | 愛を中心とした創造本然の人生 »

人間はなぜ生まれたのか

私たちの生命の起源がどこなのかを考えるとき、生命が先か、が先か、ということが問題です。今までこれを見分けることができませんでした。

生命が先ではなくが先です。あとになったものは、先になったものに順応しなければならないので、のためには生命を捧げるのが当然なのです。このように収拾しておかなければなりません。そのようにすれば、人生を真に生きる道はどこなのかということが出てきます。

人生がから生まれたので、の道を行かなければならず、のために死ななければならない、という結論が出てきます。

小宇宙ではなく、大宇宙が歓迎できるを探して、神様が公認し、万物が、ひいては、父母が公認できる大宇宙のの中に生れ、その中でし、死んでいくのが人間が生まれた目的だとみるのです。

|

« 家庭崩壊と人心の荒廃 | トップページ | 愛を中心とした創造本然の人生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199694/29417204

この記事へのトラックバック一覧です: 人間はなぜ生まれたのか:

« 家庭崩壊と人心の荒廃 | トップページ | 愛を中心とした創造本然の人生 »